嬉しすぎて思わず大間違いしたこと

私、牡蠣に目がありません。
今の時期は、本当に牡蠣が美味しいですね。
旬の食材をいただける喜びは、食いしん坊には何より幸せなこと。
スーパーを覗いて牡蠣が少し安いと、思い切って?!買ってしまいます。

そんな私の想いが届いたのでしょうか。
先日、広島にお住まいの生徒さんが「牡蠣」を送って下さいました。
箱を開けると、大量の殻付きの立派な牡蠣がこんにちは。
そそくさと着替えを済ませ、殻開け作業に取り掛かりました。
黙々と集中して、牡蠣と向き合うこと数十分。
牡蠣の殻開けは、何度か経験しているので慣れているものの…
無謀にも軍手をせず挑んだら、案の定、指に傷を作っていました。
売られている剥き身の牡蠣は綺麗に剥かれていますね。
私が剥いたのは売り物にはならないでしょう…やはりプロの技は凄い!!

初日と2日目は蒸し焼きにしていただきました。
大量だったので、友人に来てもらって一緒に牡蠣パーティー。
 日本酒をふりかけて蒸すと、牡蠣の旨味と合わさり絶品ですね。
本当に美味しいものをいただくと無言になります。大切に味わいました。

久しぶりに牡蠣フライも作りました。
たくさん作ったので、冷凍もしましたよ~。

ところで皆様、ここでクイズです。
この写真で大きな間違いがあることにお気づきでしょうか??

なんと、チラリと右に見えているのはご飯です。
ご飯を右に置いてしまいました!!
揚げたての牡蠣フライを運び、冷めないうちに食べようと慌ててご飯とお味噌汁を逆に置くという失態。
これでは仏膳です。左右を慌てて入れ替えました。
もし、有名ブロガーさんだったら大炎上でしょうか。
ご飯は左、みそ汁は右が正解です。
ご飯は稲作文化の日本にとって、神聖な食べ物とされています。
上位の左に置くことで献上を表し、そして基本的に右利きで築かれた食事作法により、左手で取り上げやすいという合理性もあります。
最近は、お店によっては左利きの方のため「召し上がりやすいように」と敢えて逆に提供する場合もあるようです。
それはそれで、思い遣りが溢れていて私は素敵なことだと感じます。
基本を分かっている上で、お相手の身になって振舞えることこそ、真の優しさでは?と思うのです。

と、自分の間違いを差し置いて語ってしまいましたが…。
大好物を目の前に興奮して大間違い。こんな日もあるさ~と開き直り(苦笑)
皆様もお気を付け下さいませ☆

関連記事

  1. ブーツを脱ぐ姿、見られていますよ!

  2. 伊勢丹新宿店様Website 特集取材記事掲載 第2弾

  3. 贈り物上手な人

  4. 伊勢丹新宿店Website特集取材記事掲載

  5. 伊勢丹新宿店様Website特集取材記事掲載 第3弾

  6. 「お茶のおもてなし」に必要な、ちょっとした心がけ