おもてなしは楽しい!

GWも過ぎてしまうと本当にあっという間。
皆様はいかがお過ごしでいらっしゃいましたか?
私は妹一家と過ごしたり、友人と外で食事やショッピングをして。
後半のお天気の良い時には、冬物を洗濯しつつクローゼットの見直しを。
フローリングに這いつくばって(笑)床磨きも。
掃除や洗濯後の清らかさって、心から落ち着いていいものですね。
ベランダに満ちる良い香りにも幸せを感じました。

友人を招いて、おもてなしの時間も過ごしました。
すっかり私の十八番の「手作りがんもどき」を沢山揚げました!
(また?という声も聞こえそうですが)
「揚げたてがんもどきにはビールでしょ。」と友人が買って来てくれた一番搾りで乾杯。

長年愛用しているリーデルのビアグラスは350ml缶が1本ジャスト注げます。
こちらのグラスで飲むビールは最高、いえ最幸です!
この泡加減、素晴らしいでしょう??

人との往来が激減していましたが…。
同じ空間で顔を合わせて同じ食事を食べ、人の話を聴いて自分の考えを伝える。
こういう何気ないエネルギーの交流は大切なこと、と改めて思わされます。
直接目を見ることで感じる目の奥の輝きや、発せられる言葉から感じる温かさ。
友人たちの気取りのない話の数々にも、語る方の個性や魅力が伝わります。
振る舞いなどの素敵さに学んだり、次々と転換していく話題に好奇心をくすぐられて。
やはり、人は人によって気付かされ、学ばされるものですね。

木綿豆腐4丁を水切りして作ったがんもどき。
全て丸めて揚げて、食べきれない分はお持ち帰りいただきました!
がんもどきは言わずと知れた精進料理の1つですが…
私の作るがんもどきは、大量の小海老入り。
時々、揚げている最中に海老が弾けていました。

おもてなしは、一つ得意料理を作ると安心。
気取らず気張らず、いつもの自分で無理なく。
いつもよりちょっぴり丁寧に掃除をして、お気に入りの食器を並べて。
余裕を持って、笑顔でお迎えできれば最高のおもてなし、では?

関連記事

  1. 都会のオアシス「ホテル椿山荘東京」へ

  2. 自分の直感力こそ最強

  3. 自分ができる日常の心がけ

  4. 久しぶりに姉妹でクリスマスランチ

  5. ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

  6. 秋を迎えました