花に教わるお辞儀の美しさ

芍薬のボリュームある姿に、心が盛り上がります!
マゼンダ色は見ているだけで元気になりますね。
堅い蕾の状態で活けたのに、あっという間に広がっていく様に感動です。
美しいって力強い!!

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」
言わずと知れたこのフレーズですが。
立ったり座ったり、歩いたり。そしてお辞儀をする。
全て「体幹」が大切、だとつくづく思うのです。
満開の芍薬もかなりの重さですけれど、凛と咲き誇れるのは茎という軸の支えがあるから。
何だか良い角度でお辞儀してくれているみたい。
想像するとかなりの体幹、だと思いませんか??

美しいお辞儀は、お尻が出ていません。
頭を下げるのではなく、腰から頭までが一直線。
胸元をしっかり開いて、心を届ける。そのようなイメージです。
そして、しっかり「止める」こと。
すぐに頭をあげず、ゆっくり元の姿勢に戻す。
意識してみると、これが結構な筋肉運動。
毎日美しいお辞儀をするだけでも鍛えられ、全身が整います。

ここ最近、実際に対面して挨拶をする機会も増えてきませんか?
もう一度、ご自身のお辞儀を見つめ直してみましょう。
相手への敬意を表し、心を開くのがお辞儀の役割。
美しいお辞儀ができるって、それだけでも十分な自己紹介ですから。

「体幹」つまり「軸」があることは、何事においても大切にしたいですね。

関連記事

  1. 失敗や迷惑よりも困ったこと

  2. 「迅速な応対力」と「お待たせさせない配慮」が信頼関係に繋がる…

  3. 『Dear Natura & me』お箸のマナー監…

  4. 贈り物上手な人

  5. 贈り物の極意

  6. 大人としての贈り物表現