一見普通、なことにこそ価値がある!

何か特別なことができる人になれたら、それは誇れることですし
周りからも称賛され素晴らしいことだと思います。
では、自分にとってそれは何?と考えてみると「自分には何もないし…」と思い悩んでしまう。
そしていわゆる「自分探し」をする。ありがちなことではないでしょうか?
もちろん、私もその人でした。

でも実は意外と自分では気づけていないだけで、周りの方からは「〇〇さんは〇〇な人」
というように羨望の眼差しを向けられていることってあるんです。
本人にとっては当たり前。でも、周りの方から賞賛されるって、既に特別なこと。

いつもきちんと挨拶をしてくれる人。
誰よりも美味しいお茶を淹れて出して下さる人。
食事を綺麗に美味しそうに食べてくれる人。
一緒にいると楽しくなる人。
電話応対が丁寧で聞き惚れてしまう人。
心地良さを感じさせてくれる人…etc.

挙げてみると、一見「普通」で当たり前と言われそうなことばかり。
でも、当たり前と言われそうなことこそ、意外に当たり前にできる方って少ないものです。
だからこそ、このようなことに心を配り、大切にしている方が愛されるのです。
もし、ご自身がこのようなことを心がけていらっしゃるなら、実は既に大きな魅力になっています。
断言できます。その姿が、周りの方の目に心に残っているのですから。
何か特殊なことでなくても、日常のあれこれを丁寧にしてみることから始めてみませんか?
「自分を大切にする」ことで、いつの間にか周りからの眼差しも変わります。

先日、電話応対と来客応対を上手になりたい、とプライベートレッスンにお見えになった生徒さん。
ご自分の魅力がどれほど溢れていらっしゃるかに気付けていないとお見受けしました。
もったいない!!
どの点が素晴らしいかを細かくお伝えして、更に良くなるための改善点をお話いたしました。
何度も練習をして確認をいただいて。
この日は、お茶の淹れ方からお客様への提供のしかたなども実践しました。

お一人お一人の魅力が花開くお手伝いは、私にとって真剣かつ楽しいひとときです。
ご自身の中にある秘めた能力・魅力を確認し、更に育てることは自信に繋がります。 

関連記事

  1. 存在感とは?

  2. 経年劣化より経年熟成?!

  3. 年末年始を豊かに過ごすために

  4. 真の謙虚さ

  5. こんな状況だからこそ

  6. 自分ができる日常の心がけ