自分の直感力こそ最強

周りに人がいないことを確認し、マスクを外して。
まだ少し咲いていて、ほんのり漂う金木犀の香りを力いっぱい吸い込み、高くなった空を見上げる。

随分街中に人が戻ってきたとはいえ、まだまだマスク必須の世の中ですね。
約2年間のマスク生活で、ほのかな香りを感じ辛くなったなぁと思っています。
ひと雨来そうな時の湿り気を含んだ土の匂い。
フンワリ風に乗って届く花や草木の匂い。
匂いだけではなく、頬に当たる冷たい風の強さに冬の到来を感じたり。
マスクを外した時の解放感と皮膚や鼻腔から入ってくる空気に、その空間の鮮度を感じませんか?
些細なことに人間の感性は稼働し、毎日に潤いを与えてくれているのだな、と気付かされます。

ふと、もっと自分の直感を大切に信じて動いてみたいな、と思いました。
自分が目で見て、その場の空気を感じて、心でまっすぐ受け止めたことに自信を持つ。
周りの評価などではなく、あくまでも自分が感じたことが今の自分にとって大切なことです。
例えば、直接的でも間接的にでも有名な方からアドバイスをいただいたとしても、何だか腑に落ちない。
でも、言われたらからと考えてみて、そうなのかも…ということって多いかもしれません。
しかし実は、意外とその結果に自分が満足できないこともあります。
考えることも大切ですが、自分が感じたことをベースに。自分の目と心で見定め、前に進むこと。
人間が本来持っている「動物的なカン」は、誰のせいでもなく自分の決断には最強かと。

ある生徒さんから「なぜか?ネットで探して理代先生に辿り着いたのですが、絶対的なカンで受講を決めました。」
と、ありがたいお言葉を先日いただきました。
自分の信じる先には必ずご縁もある。私も信条としていることです。
私も日々、よい思考を積み重ねて感性を磨けたらな、と思っております。
生徒さんとの出逢いから、いつも大きな気付きをいただきます。

本日から11月です。寒さと乾燥に気を付けて、身も心も温かくして過ごしたいものですね。

関連記事

  1. 経年劣化より経年熟成?!

  2. この夏の想い

  3. 一見普通、なことにこそ価値がある!

  4. いつもと違う春だからこそ

  5. 年末年始を豊かに過ごすために

  6. 真の謙虚さ