コンビニでの感動☆

夕方に疲れ果てて、何かスイーツでも買って帰ろうと立ち寄ったコンビニ。
今やコンビニスイーツは有名パティシエやブランドショップ監修でクオリティーが高く、お手頃商品が満載ですね。
ちょっと食べたい!という時、手軽に買えるコンビニスイーツに助けられています。
スイーツの棚を前に悩みながら、ボリューム満点のパフェっぽい一品を手に取ってレジへ向かいました。

レジで商品が崩れないようにと、小さなレジ袋をお願いしました。有料ですけれど。
レジのお兄さんが、レジ袋にそのパフェを「横」にして入れかけたので
「ごめんなさいっ!!横にしないで縦のまま入れていただけますか?」と、とっさにお願いしてしまいました。
外国人の男性スタッフでしたが、私の厚かましい申し出にニッコリ笑って「あ、ごめんなさい。」と。
「食べる瞬間まで綺麗な方が嬉しいので、ごめんなさいね。」と慌てて伝えました。
そうしましたら、このレジの方「そこまで考えるのが日本人デスネ!よくわかりました。」と言って下さったんです。
一瞬横にしたので少し崩れてしまった商品に、困惑した表情を浮かべられていました。
何とも申し訳なさそうな表情に「これくらいなら、大丈夫です!心配しないで下さい。」と伝え、店を後にしました。

数日後、このコンビニへたまたま買い物に出掛けると、再びレジにこの男性スタッフがいらっしゃいました。
ニッコリ笑って「この間はありがとうございました。」と男性から挨拶下さったんです。
私の差し出がましい申し出を素直に受け取って、こうしてお礼の言葉まで言って下さる謙虚さに感激しました。

きっとこの男性は、日本でこうして働けているという感謝と誇りを持っていらっしゃると思います。
そしてつまらないプライドを捨て、謙虚な気持ちでいるからこそ、素直に私の話を受け入れて下さったのでは?
あの日、この外国人男性の優しい対応を思いつつ、少し崩れかけたスイーツがとっても美味しかったのは言うまでもありません。
日本で沢山の良い経験を積んで欲しいな、と勝手ながら親心のような気持ちになってエールを送り続けております。

関連記事

  1. 贈り物上手な人

  2. 伊勢丹新宿店様Website 特集取材記事掲載 第2弾

  3. 嬉しすぎて思わず大間違いしたこと

  4. 伊勢丹新宿店Website特集取材記事掲載

  5. 贈り物の極意

  6. ブーツを脱ぐ姿、見られていますよ!