2021年よろしくお願い申し上げます

新年最初のブログ投稿です。
2021年もよろしくお願い申し上げます。

昨年春に突如現れた目に見えない脅威に大きく振り回され、生活様式も一変しましたね。
関東では1都3県で再び緊急事態宣言発出されました。
そして、日本海側では大寒波の到来で大雪。
私の故郷秋田でも、横手や湯沢の豪雪地帯では自衛隊に災害派遣要請がされ、懸命な除雪作業が続いているようです。
このように様々な危機感のある中、今は何をすべきなのかを見極めて先手を打っていただきたいと切に願う毎日です。

世界中が大きく変化をしていく渦中に生きている私達。
ある意味、すごい時に生きているなぁと感じずにはいられません。
大切な事は何か?を考える思考力や本来の人間が持ち合わせている直観力を大切に、変化に柔軟に対応したい。
そんなことを年末年始に考えていました。
今回、故郷への帰省を見送り東京で過ごしましたが、自分を振り返りと棚卸しの時間にあててみたんです。
私にとっての幸せの在り方は?大切な方々の存在は?本当に必要なものはなんだろう、と。
振り返ってみると、なんだぁ~私って意外と幸せなのね!と、ありがたくなりました。
何をのんきなことを?と思われるかもしれませんが…
気付けていなかった、自分の中に既にある幸せの存在を確認できました!
全ては「おかげさま」で、改めて「感謝」の一言に尽きます。
そして、まだまだ私は沢山できることがある、とも感じました。

そのようなことを考えながら、新年を久しぶりに東京で一人で迎えるにあたり、少しでも良い時間を過ごしたい。
ではでは、料理をどうしようと思っている矢先、お料理上手な友人から「お福分け」いただける幸運に恵まれました。
あとは好きな物だけ少々手作り。時間が沢山あるから、日頃はしない飾り切りなどして楽しんでみたり。
すっかり私の十八番になった、がんもどきは大量生産。うっかりして銀杏を入れ忘れ、楊枝に刺して素揚げに。

しかし、写真が大きいと料理の雑さが丸見えですね(苦笑)
学生時代からの大親友も帰省を見送ったということで、プチ新年会をしました。
お福分けいただいた「たこ焼き」に夢中。
年神様もビックリかもしれませんが、その美味しさに思わず笑って下さったことでしょう。
親友からリモートワークで会社には数か月出社せず、人に会っていないと聞いて、時代は激変したなと痛感します。
みんな「今」を懸命に生きているのです。

ところで本年は丑年ですが、実は私、年女でございます。
時には闘牛の如く?!目標に向かって襲いかかってみようと決意いたしました!
もっと自由に、マナーをお伝えする場を広めていきたいと思っております。

関連記事

  1. 2020年☆新春のご挨拶