お金をかけなくても贅沢気分

たまにレストランで食事をする時「牛肉の赤ワイン煮」をメニューに見つけるとついつい頼んでしまいます。
旨味が染み込み、柔らかくも食べ応えのある牛肉。
濃厚なソースの深い味わい。
食べ終えた後の何とも言えない満足感。
大好きなお料理です。

プロの味にはどうあがいても敵いませんが、おうちでも近いものを楽しめたら最高!
と、時折作るようになって随分経ちました。
実は、時間はかかれど「お鍋の実力」が発揮されるお鍋任せのお料理ですね!
家庭で食べるなら、食材費を抑えると驚くほどお安く作れてしまいます。
久しぶりに作ったきっかけが、スーパーで牛すね肉の塊が30%オフという魅力的な価格だったから、です。
ほほ肉がベストですが、すね肉でも十分!と喜び勇んでパックを手にしていました(笑)

ワインは某スーパーのプライベートブランドのお安い赤ワイン。
付け合わせたマッシュポテトのジャガイモは、冷蔵庫に転がっていた最後の2個。
同じく付け合わせのいんげんは、冷凍のものをソテーした気軽さです。

こうして完成したブッフブルギニョン、つまり牛肉の赤ワイン煮込み。
妹からプレゼントされたお気に入りのロイヤルコペンハーゲンの器に盛りつけて。
カトラリーもお気に入りのものを並べました。
何だかたまらなく呑みたい気分になりましたが、仕事もあるのでスパークリングウォーターで我慢。
思いのほか贅沢なランチになりました。何より想像以上に美味しかった!
完全に自己満足ですけれど。

作るのに約2日。食べるのは…たったの数分。
その一瞬のために、時間をかけてみるって実は贅沢なことですね。
たまにはおうちレストラン開店、良いものです。

関連記事

  1. 秋の「み空」を眺めながら行ってきます!

  2. 台北旅行~マンダリンオリエンタル台北編~

  3. 新しい習慣「あさんぽ」の効果

  4. 最近の私は、と言うと…

  5. 自信を底上げする1着をオーダーしました

  6. 緊張感はスパイス