この夏の想い

あんなにギラギラして見上げるには眩しすぎた空。
今は光も穏やかになってきました。
蝉の鳴き声すら、すっかり聞こえなくなりました。

マナーアドバイザーの山木理代です。
夏も終わっちゃいましたね。
皆様にとってどのような夏、でしたでしょうか?
私にとっては、たくさんの汗を流した夏でした。
実は、私は異常?と思えるほどの汗っかきです。
夏が苦手な要因の一つは、この汗っかきの体質でもあるんです。
「涼しい顔してますよねー」と言われますが
それはもう~汗だくです💦
この夏は、よく歩き、よく汗をかき、人に会った夏、でした。

人様にお目にかかる時、あまり汗だくの姿だと
「暑苦しい人」になってしまいます!!
女性として、これだけは避けたいなぁ…。
そのために、いつも保冷剤をカバンに忍ばせ、首筋を冷やす。
こんなことをして、一見涼し気な顔をして臨みましたが…
話に夢中になると熱くなって、また汗をかく。
でも、そんな汗も気にならないほど、とても充実した一時だったなぁ、
と思える時間がこの夏は多くありました。

自分の想いを伝え、聴いていただけるって、
本当にありがたいことです。
まずは会っていただけることこそ奇跡ですから。

ふと思いついたり閃いた時、行動を起こすと
意外とあれよあれよ…と繋がることもあります。
「これをすると私って、こんな風にお役に立てるのでは?!」
と何だか心が弾むことは、自然と導かれるような気がします

まずは動いてみる、話してみる。
これが何かを変える、小さくも大きな一歩かもしれませんね。
きっと社会には、様々な人がいらして
自分を受け入れてくれる、待っていてくれる人は沢山いる!
自分が開けば新しい世界は広がっている。
何となく、そんなことをいつも以上に感じた夏でした。

先日、映画「ライオンキング」を観ました。
劇団四季のライオンキングも大好きですが
映画の世界観はまた迫力があって見応えあり。
このミニオン、ひそかに好きです!

関連記事

  1. 一言のありがたさ

  2. いつもと違う春だからこそ

  3. 真の謙虚さ

  4. 存在感とは?

  5. 年末年始を豊かに過ごすために

  6. 自分の直感力こそ最強